【Tasker】プロファイルのおすすめ実行条件|設定例・使い方

AndroidアプリのTasker(タスカー)は、設定した実行条件が成立することにより、自動でスマホの設定変更などができる便利なアプリ。

Taskerでは、設定した実行条件が成立すると命令(タスク)を実行しますが、「実行条件」と「タスク」を結ぶものを「プロファイル」といいます。

そのプロファイルを作成する際には、実行条件(コンテキスト)を追加・設定し、実行させたいタスクを指定します。それにより、設定した実行条件が成立すると自動でタスクが実行されます。

実行条件(コンテキスト)は、いくつかのカテゴリーによって分かれ、その中から実行条件を探して追加・設定を行います。

今回は、その実行条件の中で個人的によく使用する実行条件のカテゴリーと、実行条件の追加、設定方法のまとめとなります。

プロファイルの実行条件(コンテキスト)の追加方法

プロファイルを作成し実行条件を追加・設定する方法は以下となります。

PROFILESタブ内の画面右下にある「+」ボタンをクリックすると実行条件のカテゴリーが表示されるので、その中から実行条件を追加・設定します。

なお、プロファイルの実行条件を追加・設定後は、そのプロファイルで実行させるタスクを選択する画面に移行するので、そこでタスクを選択します。

PROFILESタブの「+」ボタンを押して、実行条件のメニューが表示された状態の画像
PROFILESタブから、右下にある「+」ボタンを押して、実行条件のカテゴリーが表示された状態

プロファイルの実行条件のカテゴリーと設定方法

以下、個人的によく使用する実行条件のカテゴリーと設定方法の例となります。

変数に指定した値がセットされた場合に実行|State

変数に指定した値がセットされた場合にタスクを実行させるには、実行条件メニューの「State」のカテゴリー「Variables」から設定します。

【例】変数%MYLOC の値に1がセットされた場合に、タスクを実行させる設定

実行条件メニューの「State」のカテゴリー「Variables」から「Variable Value」を選択し、その設定画面で、「Conditions」の欄を「%MYLOC = 1」と設定します。

「State」>「Variables」の設定画面で、「Conditions」の欄に、「%MYLOC = 1」を設定した画面
「Variable Value」の設定で、「Conditions」を「%MYLOC = 1」とした場合

Taskerで変数の値を扱う例は以下のリンク先を参考にしてみてください。

Wi-Fi、Bluetoothなどに接続した場合に実行|State

Wi-Fi、Bluetoothなど、指定した通信関連の設定によってタスクを実行させるには、実行条件メニューの「State」のカテゴリー「Net」から設定します。

【例】指定したWi-Fi に接続した場合に、タスクを実行させる設定

実行条件メニューの「State」のカテゴリー「Net」から「Wifi Connected」を選択し、その設定画面から指定するWi-Fiを設定します。Wi-Fiの指定は、SSID名やMACアドレスなどで行えます。

「State」>「Net」>「Wifi Connected」の設定画面から、Wi-Fiの指定ができます。例えば、「SSID」の欄にSSID名を直接入力するか、虫眼鏡のアイコンから、近くのWi-FiのSSID名を検索できます。
「Wifi Connected」の設定画面。例えばWi-FiをSSID名で設定する場合、「SSID」の欄にSSID名を直接入力するか、虫眼鏡のアイコンから近くのWi-FiのSSID名を検索して指定できます。

時刻で実行|Time

指定した時刻によってタスクを実行させるには、実行条件メニューの「Time」の設定画面から設定します。

【例】時刻が18:30分から18:40分の状態の場合に、タスクを実行させる設定

実行条件メニューの「Time」の設定画面から、「FROM」の右欄の時刻を「18:30」に設定し、「TO」の右側の時刻を「18:40」に設定します。

「Time」の設定画面から、「FROM」の右欄の時刻を「18:30」に設定し、「TO」の右側の時刻を「18:40」に設定した画面
「Time」の設定で、「FROM」の右欄の時刻を「18:30」とし、「TO」の右側の時刻を「18:40」とした場合

月日で実行|Day

指定した月日によってタスクを実行させるには、実行条件メニューの「Day」の設定画面から設定します。

【例】5月~7月の際に、タスクを実行させる設定

実行条件メニューの「Day」の設定画面で、「Montth」の選択肢から、「May」~「Aug」までを選択します。

「Day」の設定画面で、「Montth」の選択肢から、「May」~「Aug」までを選択した画面
「Day」の設定で、「Montth」の選択肢から、「May」~「Aug」までを選択した場合

プロファイルで複数の実行条件を設定

プロファイルの実行条件(コンテキスト)は複数設定することも出来ます。以下が設定する手順の例となります。

【例】プロファイル名「朝」に、新しい実行条件を追加する例

  1. PROFILESタブ内から、実行条件を追加したいプロファイルをクリック
  2. クリックしたプロファイルの実行条件が表示されるので、表示された実行条件を長押し
  3. 実行条件の設定に関するメニューが表示されるので、その中から「Add」を選択
    プロファイル名「朝」の実行条件「Time」を長押しして、実行条件の設定に関するメニューが表示された状態
    プロファイル名「朝」の実行条件「Time」を長押しして、実行条件の設定に関するメニューが表示された状態
  4. 新しい実行条件を追加できるメニューが表示されるので、そこから実行条件を設定
    新しい実行条件を追加できるメニューが表示された状態
    新しい実行条件を追加できるメニューが表示された状態

プロファイルの実行条件は他にも、他にもたくさんあります。詳しくは、以下の参照サイトを参考にしてみてください。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。