【WordPress】キャッチフレーズまたはカテゴリー・タグアーカイブページの説明を表示

WordPressでは、サイトのキャッチフレーズや、カテゴリー・タグアーカイブページ毎の説明を、管理画面から設定することができます。

今回は、そのサイトのキャッチフレーズと、カテゴリー・タグアーカイブページ毎の説明を出力して表示する方法となります。

キャッチフレーズと、カテゴリー・タグアーカイブページの説明を表示する方法

今回の例では、トップページではキャッチフレーズを表示して、カテゴリー・タグアーカイブページでは、それぞれのアーカイブページの説明を表示します。

まずは、以下の方法でWordPressの管理画面からキャッチフレーズと、カテゴリー・タグアーカイブページの説明を設定します。

キャッチフレーズの設定方法

管理画面メニュー「設定」の「一般設定」内にある「キャッチフレーズ」の欄を入力して保存します。

管理画面メニュー「設定」の「一般設定」の画面
管理画面メニュー「設定」の「一般設定」の画面。「キャッチフレーズ」の欄を入力して保存します。

カテゴリー・タグアーカイブページの説明の設定方法

管理画面メニュー「投稿」の「カテゴリー」または「タグ」に移動します。そして、カテゴリー・タグを新規追加または編集する画面内にある「説明」の欄を入力して保存します。

管理画面メニュー「投稿」の「カテゴリー」内のカテゴリーを編集する画面
管理画面メニュー「投稿」の「カテゴリー」内のカテゴリーを編集する画面。「説明」の欄を入力して保存します。

ソースコードの例

以下がソースコードの例となり、キャッチフレーズまたは、カテゴリー・タグアーカイブページの説明を表示したい箇所に記述します。

<?php 
if ( is_front_page() && is_home() ){
	// サイトのキャッチフレーズを取得
	$site_description = get_bloginfo( 'description' );
	if( $site_description ){
		echo '<h1 class="description">' . $site_description . '</h1>';
	}
}elseif( is_category() || is_tag() ){
	// 現在のページのオブジェクトを取得
	$obj = get_queried_object();
	// 現在のページの説明を取得
	$page_description = $obj->description;
	if( $page_description ){
		echo '<p class="description">' . $page_description . '</p>';
	}
} 
?>

今回の例では、トップページではget_bloginfo()を使いキャッチフレーズを取得し、カテゴリー・タグアーカイブページでは、get_queried_object()からカテゴリー・タグの説明を取得しています。

また、今回は、get_queried_object()からカテゴリー・タグの説明を取得しましたが、get_queried_object()は、現在のページのオブジェクトを取得できる関数となり、さまざまな情報を取得できます。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。