【Googleアナリティクス】よく利用するレポートまとめ|ページタイトル・ビュー数など

今回は、Googleアナリティクスで個人的によく利用するレポートと、そのレポートを確認する方法となります。

Googleアナリティクスで、よく利用するレポートまとめ

アクセス元・ユーザー数を確認|「参照元/メディア」のレポート

「参照元/メディア」のレポートでは、アクセス元の情報・ユーザー数などを確認できます。

Googleアナリティクスのメニューでは、以下の場所となります。

「集客」>「すべてのトラフィック」>「参照元/メディア」

参照元/メディアについて

「参照元」の情報は、サービス名(google など)やドメイン名(example.com)などとなります。

「メディア」の情報は、参照元内の分類となり、オーガニック検索(organic)、有料クリック検索(cpc)、リンクからのアクセス(referral)などとなります。

アクセスされたページ・ページビュー数を確認|「すべてのページ」のレポート

「すべてのページ」のレポートでは、アクセスされたページ・ページビュー数などを確認できます。

Googleアナリティクスのメニューでは、以下の場所となります。

「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」

「ページタイトル」を表示する方法

「すべてのページ」レポートのデフォルト状態では、アクセスされたページは、ドメイン名以降のURLアドレスで表示されます。

その表示をURLアドレスではなく、「ページタイトル」に変更するには、レポートのグラフの下部にある「プライマリ ディメンション」の項目を「ページ タイトル」とします。

Googleアナリティクスのレポートのグラフ下部の画像
「すべてのページ」レポート

また、サイト内のページ名を変更した場合、レポートを「ページ タイトル」で表示すると、変更したページタイトル毎に表示されます。

レポートの状態を保存してショートカットを作成する方法

Googleアナリティクスでは、レポートの状態を保存して、レポートのショートカットを作成することができます。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。