【Twitter】ヘイトスピーチ・差別ツイートを報告する方法

Twitterには、国籍・民族・出自・性差・障害・宗教などによるさまざまなヘイトスピーチ・差別ツイートが溢れています。

そのようなヘイトスピーチは、個人を公正に扱う設定の近代社会システムを否定する、危険な思想で社会にとってリスクだと思います。

今回は、そのようなTwitter上のヘイトスピーチ・差別ツイートを、スマホのTwitterアプリからTwitter社へ簡単に報告する方法の紹介となります。

ヘイトスピーチ・差別ツイートをTwitterアプリから簡単に報告する方法

以下、ヘイトスピーチ・差別ツイートをTwitterアプリから報告する手順となります。また、手順内で使用しているスマホはAndroidとなります。

  1. Twitterアプリを起動します。
  2. 報告したいヘイト・差別ツイートを表示し、ツイートの右上にある「∨」をクリックします。

    報告するヘイト・差別ツイートの画像

  3. メニューが表示されるので「ツイートを報告」を選択します。
    ツイートを報告するメニューの画像
  4. 問題を報告する画面となるので「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」を選択します。
    問題を報告する画面の画像
  5. 問題のカテゴリーを選択する画面となるので、「一部の国や地域で規定されている……」から始まる選択肢を選びます。問題のカテゴリーを選択する画面の画像
  6. 誰に対するヘイト・差別ツイートかを選択する画面となるので、報告するツイートによって選択肢の中から選びます。
    誰に対するヘイト・差別ツイートかを選択する画面の画像
    誰に対するヘイト・差別ツイートかを選択する画面。「自分」「第三者」「グループ、集団、団体」のいずれかを選択
  7. 報告するユーザーのツイート文が表示され、最大5件まで報告するヘイト・差別ツイートを追加できる画面となるので、追加する場合にはツイート文の右端にあるチェックボックスを選択します。
    報告するユーザーのツイートの画像
    報告するツイートを追加できる画面
  8. 最後に、報告するツイートを追加した場合には、画面右下部にある「追加」ボタンをクリックします。また、報告するツイートを追加しない場合には、画面左端のスキップボタンをクリックします。
    報告するツイートを追加する画面の下部の画像
    報告するツイートを追加できる画面の下部

以上が、Twitter上のヘイトスピーチ・差別ツイートを、スマホのTwitterアプリからTwitter社へ報告する手順となります。

報告後の結果

報告したツイートがTwitter社のルールに違反していた場合には、数日後にTwitter社から「通知」にメッセージが届きます。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。