【Kindle】書籍ファイルの保存フォルダの場所を確認・変更する方法|Mac

Amazonで購入した電子書籍を管理・閲覧するKindle(キンドル)アプリには、モバイル以外にもMacで利用できるアプリがあります。

MacのKindleで電子書籍を閲覧する際には、書籍ファイルをダウンロードしますが、今回は、そのダウンロードした書籍ファイルの保存フォルダを確認・変更する方法となります。

【Mac・Kindle】書籍ファイルの保存場所を確認・変更する方法

  1. Kindleを起動し、メニューバーの「Kindle」>「設定」を選択します。
    Kindleのメニューバーの画像
    Kindleのメニューバー
  2. 設定画面となるので、「コンテンツフォルダ」の項目から、書籍ファイルの保存場所を確認・変更できます。
    Kindleの設定画面の画像
    Kindleの設定画面。

上記設定画面の「コンテンツフォルダ」の項目にあるフォルダのパスをマウスオーバーすると、書籍ファイルの保存フォルダのパスを確認できます。

また、書籍ファイルの保存場所を変更するには、「フォルダを変更」をクリックし任意のフォルダを選択します。

書籍ファイルの保存フォルダのパス

書籍ファイルの保存フォルダのパスは、デフォルトでは以下となります。

Users/ユーザ名/Library/⁨Containers⁩/com.amazon.Kindle/⁨Data/Library⁩/⁨Application Support/Kindle

また、Kindleのバージョンによっては、以下のパスとなっているかもしれません。

Users/ユーザ名/Library/Application Support/Kindle/My Kindle Content

Finderで書籍ファイルの保存フォルダを表示する場合

MacのKindleでダウンロードした書籍ファイルは、デフォルトでは不可視フォルダ内にあるので、まずはMacのFinderで不可視フォルダを表示できるようにします。

不可視フォルダの表示方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

不可視フォルダを表示できたら、Finderから上記の設定画面で確認したフォルダへ移動すると、ダウンロードした書籍ファイルを確認できます。

また、Kindleの書籍ファイル名はランダムの英数字となり、書籍名を確認することはできません。

楽天Koboの書籍ファイルの場合

電子書籍を管理・閲覧する有名なアプリとして楽天Koboもありますが、Macの楽天Koboアプリで、ダウンロードされた書籍ファイルを確認する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。