【VSCode】タブの種類|ファイルを開くとタブが上書きされ追加できない場合

【VSCode】ファイルを開いた際のタブの種類

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)は、Windows・Macなどで利用できる無料ソースコードエディタ。

そのVSCodeでは、サイドバーからファイルを開くとタブとして追加されますが、タブには開き方によって次の2種類があります。

ファイルを「クリック」で開いた場合|プレビューモードのタブ

サイドバー内のファイルをクリックで開いた場合、プレビューモードとしてタブが開きます。(タブに表示されるファイル名の文字がイタリック体)

ファイルを「ダブルクリック」で開いた場合|固定タブ

サイドバー内のファイルをダブルクリックで開いた場合、固定されるタブが開きます。(タブに表示されるファイル名の文字が立体)

プレビューモードのタブがある状態でファイルを開くとタブが上書き

プレビューモードのタブがある状態でファイルを開くと、現在のプレビューモードのタブ上に、開いたファイルのタブが表示されます。

そのため、プレビューモードのタブが上書きされるような形となり、新規タブとしては追加されません。

プレビューモードのタブを固定タブに変更する方法

プレビューモードのタブは、サイドバー内のファイルやタブ上を、ダブルクリックすることで固定タブに変更できます。

プレビューモードのタブ機能をオフにする方法

settings.jsonファイルに以下を追加して保存することで、プレビューモードのタブ機能をオフにできます。

"workbench.editor.enablePreview": false,

また、settings.jsonファイルを開く方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。