【VSCode】タブが上書きされ追加できない場合|ファイルを開いた際のタブの種類

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)を利用していると、サイドバーからファイルを開いた際に、タブが上書きされ新規追加できない場合があるかもしれません。

VSCodeではファイルの開き方によって、タブの種類が異なるため、そのような現象が発生します。

以下、そのタブの種類・特徴の説明と、タブを上書きせずに新規追加する方法となります。

【VSCode】タブの種類

ファイルを「クリック」で開いた場合|プレビューモードのタブ

サイドバー内のファイルをクリックで開いた場合、プレビューモードとしてタブが開きます。(タブに表示されるファイル名の文字がイタリック体)

ファイルを「ダブルクリック」で開いた場合|固定タブ

サイドバー内のファイルをダブルクリックで開いた場合、固定されるタブが開きます。(タブに表示されるファイル名の文字が立体)

【タブが上書き】プレビューモードのタブがある状態でファイルを開く

プレビューモードのタブがある状態でファイルを開くと、現在のプレビューモードのタブ上に、開いたファイルのタブが表示されます。

そのため、プレビューモードのタブが上書きされるような形となり、新規タブとして追加されません。

プレビューモードのタブを固定タブに変更する方法

プレビューモードのタブは、サイドバー内のファイル名やタブ上を、ダブルクリックすることで固定タブに変更できます。

プレビューモードのタブ機能をオフにする方法

設定の画面から変更する場合

  1. 画面上部のメニュー内にある「ファイル」>「基本設定」>「設定」を選択し、設定の画面を開きます。
  2. 設定内の検索ボックスで、設定IDの「workbench.editor.enablePreview」を検索します。
  3. 指定した設定が表示されるので、チェックボックスをオフに変更します。

JSONファイルから変更する場合

設定変更を管理するJSONファイルを開き、設定を管理するオブジェクトに以下の要素を追加して保存します。

"workbench.editor.enablePreview": false,

VSCodeの設定変更について

VSCodeの設定変更は、設定の画面、または設定変更を管理するJSONファイルで行います。記事内では、それらの詳細な利用方法は割愛していますので、詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。