【Docker】データボリュームの削除や、名前・保存場所の確認など|volumeコマンドまとめ

DockerやDocker Composeを利用していると、Docker内で管理するデータボリュームを利用することがあると思います。

今回は、そのデータボリュームを扱うコマンドのまとめとなります。

【Docker】データボリュームの削除・確認など|volumeコマンド

すべてのボリューム(ボリューム名)を確認

以下のコマンドでは、すべてのボリューム(ボリューム名など)を確認できます。

docker volume ls

また、ソースコードエディタVSCode内で、すべてのボリュームを簡単に確認する方法もあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

指定したボリュームの詳細情報(保存場所など)を確認

以下のコマンドでは、引数に指定したボリュームの詳細情報(ボリュームの保存場所など)を確認できます。

また、引数のボリューム名はスペースで区切ることで複数指定できます。

docker volume inspect ボリューム名

未使用のボリュームをすべて削除

以下のコマンドでは、コンテナで使用していないボリュームをすべて削除します。

docker volume prune

指定したボリュームを削除

以下のコマンドでは、引数に指定したボリュームを削除します。

また、引数のボリューム名はスペースで区切ることで複数指定できます。

docker volume rm ボリューム名

ボリュームを作成

以下のコマンドでは、ランダムのボリューム名のボリュームを作成します。

また、任意のボリューム名で作成するには、引数にボリューム名を指定します。

docker volume create

まとめ

上記のdocker volumeのそれぞれのコマンドには、オプションもあります。詳しくは文末の参考サイト内を確認してみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。