【VSCode】「settings.json」と「デフォルト設定」を同時に表示する設定方法

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)では、設定変更をJSONファイルで管理しますが、今回は、そのJSONファイルを開いた際に、デフォルト設定が確認できる画面を同時に表示する設定方法となります。

また、記事内のVSCodeに関する表記は、拡張機能「Japanese Language Pack」でVSCodeを日本語化した場合の表記となります。

「settings.json」と「デフォルト設定」を同時に表示する方法

以下、VSCodeのsettings.jsonを開いた際に、settings.jsonとデフォルト設定を確認できる画面を、2ペインで同時に表示する設定方法となります。

設定の画面から変更する場合

  1. 設定の画面を開きます。
  2. 設定内の検索ボックスで、設定IDの「workbench.settings.useSplitJSON」を検索します。
  3. 指定した設定が表示されるので、チェックボックスをオンに変更します。

settings.jsonから変更する場合

settings.json内の設定を管理するオブジェクトに以下の要素を追加し保存します。

"workbench.settings.useSplitJSON": true,
「settings.jsonファイルの内容」と「デフォルトのユーザー設定」を同時に表示した画像
「デフォルト設定」(左側)と「settings.json」(右側)を同時に表示した状態

VSCodeの設定変更について

VSCodeの設定変更は、設定の画面、または設定変更を管理するJSONファイルで行います。記事内では、それらの詳細な利用方法は割愛していますので、詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。