【MySQL】コマンドでテーブルを作成・削除する方法

今回は、CUI(Macのターミナル・Windows のコマンドプロンプトなど)からSQLを利用し、MySQLデータベースのテーブルを作成・削除する方法となります。

【MySQL】コマンドラインからテーブルを作成・削除する方法

データベースの作成・選択

例では、テーブルを作成するデータベースは、すでに作成し選択している前提としています。

データベースの作成・選択方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

テーブルを作成する方法

以下は、選択中のデータベース内にテーブルを作成する基本的なCREATE TABLE 構文となり、作成するテーブル名とカラム名・データ型を指定します。

CREATE TABLE テーブル名(
 カラム名 データ型,
 カラム名 データ型
);

また、上記CREATE TABLE 構文では、テーブルやカラムに対して追加の設定なども指定できます。

テーブルを作成する例

以下は、CREATE TABLE 構文でテーブルを作成する例となります。また、idとnameカラム には追加の設定を指定しています。

CREATE TABLE pet(
 id INT NOT NULL AUTO_INCREMENT KEY,
 name VARCHAR(30) NOT NULL,
 birth DATE
);

例ではテーブル名をpetとし、カラム名・データ型を次のように指定しています。

カラム名データ型データ型の内容
idINT整数
nameVARCHAR(30)可変長文字列(最大文字数は30を指定)
birthDATE日付

また、id・nameカラムには、それぞれ以下の設定を追加しています。

  • idとnameカラムに NOT NULL で NOT NULL制約(NULLを認めない)を設定
  • idカラムに、AUTO_INCREMENTで自動採番を設定
  • idカラムに、KEYでプライマリキーを設定

以上がテーブルを作成する簡単な例となります。CREATE TABLE 構文の詳細については、文末の参考サイト内を確認してみてください。

テーブルを削除する方法

選択中のデータベース内のテーブルを削除するには、次のようにDROP TABLE構文を使用します。

DROP TABLE テーブル名;

作成したテーブルの構造や情報を確認

作成したテーブルの構造や情報を確認する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。