【スプレッドシート】スクリプトエディタで構文エラーとなる場合|ランタイムを変更

スプレッドシートのスクリプトエディタを利用していると、記述したコードが構文エラーとなることがあるかもしれません。

構文エラーの原因として、Google Apps Script(GAS)のランタイム環境が異なることが原因の場合があります。

今回は、そのランタイム環境を変更する方法となります。

【Google Apps Script】ランタイムのJavaScriptエンジンについて

GASのランタイム(プログラムの実行時)の環境には、スクリプトコードを解析して実行するJavaScriptエンジンが含まれています。

GASのランタイムのJavaScriptエンジンは、以前から利用されているMozillaの『Rhino』と、ECMAScript 2015(ES6)の言語標準をサポートしているGoogleが開発する『V8』があります。

そのため、ランタイムのJavaScriptエンジンによっては、スクリプトエディタ内の構文がエラーとなる場合があります。

以下は、そのような場合にスクリプトエディタでランタイムのJavaScriptエンジンを変更する方法となります。

スクリプトエディタでランタイム環境を変更する方法

メニューから変更する方法

以下は、ランタイム環境が『Rhino』の場合に、メニューバーから『V8』に変更する方法となります。

  1. スクリプトエディタのメニューバー内の「実行」を選択します。
  2. 実行内の「V8を搭載した新しいAppsScriptランタイムを有効にする」を選択します。
    スクリプトエディタのメニューバー内の「実行」を選択した画像

以上により、『V8』のランタイムに変更できます。

また、『Rhino』のランタイムに戻す場合には、上記の実行メニュー内に「V8を搭載した新しいAppsScriptランタイムを無効にする」があるので選択します。

JSONファイルで変更する方法

以下は、ランタイム環境が『Rhino』の場合に、マニフェストファイルのJSONファイルから『V8』に変更する方法となります。

  1. スクリプトエディタのメニューバー内の「表示」を選択します。
  2. 表示内の「マニフェストファイルを表示」を選択します。
    スクリプトエディタのメニューバー内の「表示」を選択した画像
  3. appsscript.jsonファイルが開くので、ファイル内のruntimeVersionの値をV8に変更します。

以上により、『V8』のランタイムに変更できます。

また、『Rhino』のランタイムに戻す場合には、上記のappsscript.jsonファイル内のruntimeVersionの値をDEPRECATED_ES5に変更します。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。