Google Apps Scriptを作成・実行する方法|スプレッドシート・カレンダー・メールなど

Googleスプレッドシート・Googleカレンダー・Gmailなど、Googleの一部のサービスでは、JavaScript ベースのスクリプト言語のGoogle Apps Script (GAS)を利用して、処理の自動化などのカスタマイズを行えます。

今回は、そのGoogle Apps Script でスクリプトを作成・実行する方法などの紹介となります。

Google Apps Scriptを作成・実行する方法

GASの管理画面

Google Apps Script の管理は、以下のリンク先のホーム画面から行えます。

https://script.google.com/home

Google Apps Script のホーム画面
Google Apps Script のホーム画面。メインカラムには作成したプロジェクト、左カラムにはメニューがあります

スクリプトを作成する方法

Google Apps Script でスクリプトを利用する場合、プロジェクトを新規作成します。

プロジェクトの新規作成は、上記ホーム画面内のメニュー上部にある「新しいプロジェクト」を選択します。

そうすると以下のプロジェクト画面が表示され、スクリプトを作成できます。

Google Apps Script のプロジェクト画面の画像
Google Apps Script のプロジェクト画面。メインカラムはスクリプト編集画面、左カラムはスクリプトに関するメニューとなります。また、プロジェクトのタイトル(デフォルトは「無題のプロジェクト」)が上部にあり、そこをクリックすることでタイトルを変更できます。

スプレッドシートのスクリプトを作成する場合

Googleスプレッドシートのファイルに紐付いたGoogle Apps Script のスクリプトを作成する場合、スプレッドシートのファイルページから次の方法で作成します。

  1. スクリプトを作成したいGoogleスプレッドシートのファイルページにアクセスします。
  2. 上部メニュー内の「ツール」>「スクリプトエディタ」を選択します。
    Googleスプレッドシートのファイルページ画像
    Googleスプレッドシートのファイルページ

上記方法により、スプレッドシートのファイルに紐付いたGoogle Apps Script のスクリプトを作成できます。

プロジェクト(スクリプト)を保存する方法

Google Apps Script のプロジェクト(スクリプト)の保存は、スクリプト編集画面の上部メニューにある「保存」ボタンから行えます。

スクリプト画面の「保存」ボタンの画像

また、プロジェクトを保存するショートカットは、以下となります。

MaccommandS
WindowsCtrlS

スクリプトを実行する方法

Google Apps Script のスクリプトの実行は、スクリプト編集画面の上部メニューにある「実行」ボタンから行えます。また、スクリプトを実行すると同時に保存もされます。

なお、メニュー内の「実行ログ」ボタンをクリックすると、スクリプト編集画面の下にスクリプト実行時のログを表示できます。

スクリプト画面の「実行」ボタンの画像

また、スクリプトを実行するショートカットは、以下となります。

MaccommandR
WindowsCtrlR
 

Google アカウントのデータへのアクセスを許可

Google Apps Script のプロジェクト(スクリプト)では、Google アカウントのデータを操作します。そのため、プロジェクトによって、Google で利用している一部のデータへのアクセス権が必要となります。

データへのアクセス権を許可する場合、スクリプトの初回実行時に、次の手順を行う必要があります。

  1. スクリプトの初回実行時に以下のダイアログが表示されたら「権限を確認」を選択します。
    スクリプトの初回実行時のダイアログ画面の画像
  2. Googleアカウントを選択する画面となるので、スクリプトで操作したいGoogleアカウントを選択します。
    Googleアカウントを選択する画面の画像
  3. 以下のページが表示されるので、下部にある「詳細」を選択します。
    Googleアカウントへのアクセスを確認する画面の画像
  4. 画面内に詳細が表示されるので、下部にある「プロジェクト名(安全ではないページ)に移動」を選択します。Googleアカウントへのアクセスを確認する詳細画面の画像
  5. 以下の画面となるので、下部にある「許可」を選択します。
    Googleアカウントへのアクセスを許可する画面

上記手順により、Google で利用している一部のデータへのアクセス権を許可することができます。

また、作成するスクリプトによって利用するGoogleアカウントのデータは異なります。詳しくは文末の参考サイトから、Google Apps Script のリファレンスを確認してみてください。

アクセス権を許可したデータを確認する方法

上記で許可したGoogle アカウントのデータへのアクセス権は、以下のGoogle アカウントページから確認できます。

https://myaccount.google.com/permissions

上記リンク内の「アカウントにアクセスできるサードパーティ アプリ」の箇所で、アクセス権を許可したデータの詳細と、そのデータを許可しているGoogle Apps Script のプロジェクト名を確認できます。

また、GASのプロジェクト以外でアクセス権を許可している場合、そのデータも表示されます。

Google アカウントページの画像
Google アカウント内の「アカウントにアクセスできるサードパーティ アプリ」

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。