【Androidスマホ】データセーバーを設定して通信量を節約|指定したアプリの除外も可能

今回は、Androidスマホやタブレットで、モバイル通信のデータを節約できる「データセーバー」を有効にする方法と、データセーバーから指定したアプリを除外する方法となります。

データセーバーについて

Androidの「データセーバー」を有効にすると、Wi-Fi に接続されていない場合に、一部のアプリのバックグラウンドでのデータ通信をブロックします。

また、使用中アプリのデータ通信はできますが、その頻度が低くなる可能性があります。

データセーバーをオン・オフにする方法

Androidの機種・OSのバージョンによっては方法が異なる可能性があります。(手順内の機種はAQUOS sense4 lite)

上部メニュー(クイック設定パネル)から変更する場合

  1. Android端末の画面上部から下にスワイプをして、上部メニュー(クイック設定パネル)を表示します。
    Androidスマホの上部の画像
  2. 上部メニュー内の「データセーバー」ボタンをタップします。
    Android 12のクイック設定パネルでデータセーバーを有効にした状態の画像
    Android 12のクイック設定パネル。データセーバーを有効にした状態
    Android 11のクイック設定パネルでデータセーバーを有効にした状態の画像
    Android 11のクイック設定パネル。。データセーバーを有効にした状態

上記の「データセーバー」ボタンをタップすることで、データセーバーのオン・オフを切り替えることができます。

また、「データセーバート」ボタンを長押しすることで、「データセーバー」の設定画面を表示できます。

クイック設定パネルに「データセーバー」がない場合

上部メニュー(クイック設定パネル)内のボタンは、追加・削除・配置変更をしてカスタマイズできます。

詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

設定アプリから変更する場合

  1. Androidの「設定」アプリを開きます。
    Androidの設定アイコンをの画像
  2. 設定画面となるので、「ネットワークとインターネット」を選択します。
    Androidの設定画面の画像
  3. ネットワークとインターネットの設定画面となるので、「データセーバー」を選択します。
    ネットワークとインターネットの設定画面の画像
  4. データセーバーの設定画面となるので、「データセーバーを使用」のスイッチをタップして有効にします。
    データセーバー設定画面の画像
    データセーバーを有効にした状態

以上が設定アプリからデータセーバーを有効にする方法となります。もう一度「データセーバーを使用」のスイッチをタップすると、表示がグレースケールとなり、データセーバーが無効となります。

データセーバーから指定したアプリを除外する方法

アプリの中には、データセーバーを有効にすると正常に機能しないアプリがあります。

その場合、次のようにアプリを指定してデータセーバー機能から除外をします。

  1. 上記手順を参考にデータセーバーの設定画面に移動し、「モバイルデータの無制限利用」を選択します。
    データセーバーの設定画面の画像
  2. アプリ一覧が表示されるので、データセーバーから除外したいアプリのスイッチをタップしてオンにします。
    モバイルデータの無制限利用の設定画面の画像
    「Link」アプリをオンにした状態。また、右上の設定メニューからはシステムアプリを表示できます

上記のように「モバイルデータの無制限利用」をオンにしたアプリは、データセーバー機能から除外されます。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

また、多忙によりコメントには返信できない場合があります。

Twitterで返信する場合はこちらから。