【Homebrewコマンドまとめ】パッケージのインストール・削除・確認など

Homebrew(ホームブリュー)は、macOSのパッケージ(ソフトウェアやライブラリ)を一元管理できるツールとなり、ターミナルなどのCLIで利用します。

今回は、そのHomebrewのコマンドのまとめとなります。

Homebrewをインストールする方法

Homebrewは以下のコマンドでインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールしたHomebrewはbrewコマンドで利用できます。

Homebrewをアンインストールする方法

また、Homebrewをアンインストールするコマンドは以下となります。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/uninstall)"

Homebrew自体に関連するコマンド

以下、Homebrew自体に関する主なコマンドとなります。

バージョンを確認

brew -v

最新バージョンにする

brew update

ヘルプを確認

brew help

Homebrewの問題をチェック

brew doctor

パッケージに関連するコマンド

Homebrewではパッケージのことをformulaと呼びますが、今回の記事ではパッケージと表記しています。

以下、そのパッケージに関する主なコマンドとなります。

パッケージのインストール・アンインストール

インストール

brew install パッケージ名

また、パッケージがインストールされるディレクトリは以下のパスとなります。

/usr/local/Cellar

アンイストール

brew uninstall パッケージ名

パッケージを検索

brew search 検索キーワード

また、正規表現を利用して検索する場合は、以下のように検索キーワードを / で囲みます。

brew search /検索キーワード/

インストール済みのパッケージを確認

brew list

パッケージの依存関係を確認

brew deps パッケージ名

パッケージを最新バージョンにする

すべてのパッケージ

brew upgrade

指定したパッケージのみ

brew upgrade パッケージ名

パッケージの古いバージョンを削除

すべてのパッケージ

brew cleanup

指定したパッケージのみ

brew cleanup パッケージ名

アナリティクスに関連するコマンド

Homebrewのデフォルトの設定では、Googleアナリティクスを利用しOS等の情報を送信しています。

以下、そのアナリティクスに関連する主なコマンドとなります。

アナリティクスを有効・無効にする

無効にする

brew analytics off

環境変数を設定し無効にする

また、以下のコマンドで、ホームディレクトリの.bash_profileファイルに環境変数を設定することにより、アナリティクスを無効にすることも可能です。

echo "export HOMEBREW_NO_ANALYTICS=1" >> ~/.bash_profile

そして、以下のコマンドで設定した環境変数を反映させます。

source ~/.bash_profile

有効にする

brew analytics on

アナリティクスの有効・無効を確認

brew analytics

上記のコマンド入力後に、Analytics is disabled.が表示された場合は無効の状態となり、Analytics is enabled.が表示された場合は有効の状態となります。

その他のコマンドについて

Homebrewのその他のコマンドやオプションについては、以下のリンク先などを参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。