【Yoast SEO】titleタグを変更して出力する方法|wpseo_title

WordPressのプラグイン『Yoast SEO』はSEOの設定を手軽に行える有名なプラグイン。

今回はその『Yoast SEO』を使用しているサイトで、プラグイン独自のフィルターフックwpseo_titleを使用し、titleタグを変更するソースコードの例となります。

【Yoast SEO】titleタグを変更する例

今回の例では、『Yoast SEO』を使用しているサイトで、関数を作成して変更した投稿タイトルを、投稿ページのtitleタグ内にも適用させます。

作成し投稿のタイトルを変更

まず、投稿タイトルを変更する関数を作成します。

例として作成する関数では、投稿ページにタグスラッグ「book」又は「wordpress」が設定されている場合に、そのページの投稿タイトルを変更します。

以下、ソースコードの例となりfunctions.phpに記述します。

function my_get_the_title( ){
	$title = get_the_title();
	if ( has_tag( 'book' )) {
		return '【書籍紹介】' . $title ;
	} elseif ( has_tag( 'wordpress' )) {
		return '【WordPress】' . $title ;
	}
	return $title;
};

上記ソースコードについては、以下のリンク先を参考にしてみてください。

wpseo_titleで投稿ページのtitleタグを変更

次に、上記関数で変更した投稿タイトルを、フィルターフックwpseo_titleを使いtitleタグ内に出力します。

以下がソースコードの例となり、functions.phpに記述します。

例では、投稿ページの場合に、上記で作成した関数で出力する「投稿タイトル」と「サイト名」を|で区切り、titleタグ内に出力します。

function my_wpseo_title($title) { 
	if (is_single()) {
		return my_get_the_title().'|'.get_bloginfo(); 
	} 
    return $title; 
} 
add_filter('wpseo_title', 'my_wpseo_title');

フィルターフックwpseo_titleについて

フィルターフックwpseo_titleのコールバック関数では、Yoast SEOで設定できるtitleタグを扱えるため、指定したページのtitleタグを追加・変更することができます。

また、管理画面のYoast SEOのメニューからtitleタグを設定した場合でも、フィルターフックwpseo_titleを使用して追加・変更したtitleタグが優先されます。

【Yoast SEO】meta descriptionタグを変更する場合

また、『Yoast SEO』では、meta descriptionタグを変更するフィルターフックもあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。