【メルカリ・ラクマの比較】売上金の扱い・配送料・手数料など

今回は、フリマアプリ『メルカリ』と『ラクマ』の売上手数料・売上金の扱い・配送料の比較、まとめとなります。

メルカリとラクマの売上金の扱い・配送料・手数料などの比較

販売手数料の比較

商品が売れた場合、商品の価格から販売手数料が引かれます。

以下は、メルカリ・ラクマでの販売手数料となります。

 メルカリラクマ
販売手数料10%3.5%

配送料の比較

メルカリ・ラクマともに、次のような特徴のある配送サービスがあります。

  • 全国どこでもサイズにより一律の送料
  • 宛名書き不要の匿名配送
  • 配送料は売上金から支払い
  • アプリから確認できる配送状況
  • 配送トラブルサポート

以下は、それぞれの配送サービスの料金比較となります。

 メルカリラクマ
配送サービスの名称メルカリ便かんたんラクマパック
A4サイズ(ヤマト運輸)175円200円
A4サイズ(日本郵便)200円179円
小〜中型サイズ(ヤマト運輸)380円
(専用の包装資材・70円)
530円
(専用の包装資材・70円)
小〜中型サイズ(日本郵便)375円
(専用の包装資材・65円)
なし
中〜大型サイズ(ヤマト運輸)700円~1,600円
(60サイズ〜160サイズ)
800円~1,500円
(60サイズ〜160サイズ)
中〜大型サイズ(日本郵便)700円~1,000円
(60サイズ〜100サイズ)
700円~1,500円
(60サイズ〜160サイズ)

メルカリ便・かんたんラクマパックの詳細については、それぞれ以下のリンク先を参考にしてみてください。

売上金の扱いの比較

メルカリ・ラクマでは商品が売れると、売上金としてアプリ内に貯まっていきます。

以下は、それぞれ売上金の扱いについての比較となります。

 メルカリラクマ
売上金の振込・交換申請期限180日1年
金融機関への振込手数料一律200円1万円以上で楽天銀行の場合は無料
その他の場合は210円
売上金で商品を購入する方法売上金をポイントへ交換売上金を「楽天キャッシュ」へチャージ
売上金を電子マネーで利用メルペイで利用可能「楽天キャッシュ」「楽天ペイ」で利用可能

売上金は、アプリ内にそのまま貯めておいても金利がつくわけではありません。そのため、できるだけ早く金融機関の口座に入金したいところですが、手数料がある場合が多いです。

そのような場合には、メルカリ・ラクマともに電子マネーへチャージする際には手数料が発生しないため、電子マネーとして利用したほうがいいかもしれません。

メルカリの売上金とメルペイ残高について

メルカリでは、電子マネーメルペイで「お支払い用銀行口座を登録」または「アプリでかんたん本人確認」を行うと、メルカリでの売上金が「メルペイ残高」に自動チャージされます。

それにより、売上金の180日間の振込申請期限(有効期限)もなくなります。

入会時にポイントをゲット

メルカリ・ラクマともに、入会時にアプリ内で使えるポイントをゲットして、お得に利用できます。

詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

また、メルカリ・ラクマの最新情報については、以下のリンク先など参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。