Laravelをインストールし新規プロジェクトを作成する方法|Composer・PHP

Laravelは、Webアプリケーションを開発するためのPHPフレームワーク。

今回は、そのLaravelをMacでComposerを利用しインストールする方法となります。

Composerについて

ComposerはPHPのパッケージ・ライブラリの依存関係を管理するツール。

今回のLaravelをインストールする方法では、Composerはすでにインストールされている前提としています。

MacでのComposerのインストール方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

LaravelをComposerでインストールする方法

Laravelのインストーラーをダウンロード

まずは、以下のComposerのコマンドで、グローバルにLaravelのインストーラーをダウンロードします。

composer global require laravel/installer

シェルの設定ファイルに環境変数PATHを追加

次にLaravelコマンドを利用できるようにするため、ユーザーのホームディレクトリにあるシェルの設定ファイルに環境変数PATHを追加します。

シェルの設定ファイルについて

利用しているシェルによって設定ファイルは異なります。詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

環境変数PATHを追加・反映

今回の例では次のコマンドでzshの.zshrcに環境変数PATHを追加しています。

echo 'export PATH=$HOME/.composer/vendor/bin:$PATH' >> ~/.zshrc

そして、以下のコマンドで追加した環境変数PATHを、現在、利用しているシェルに反映させます。

source ~/.zshrc

Laravelの新規プロジェクトを作成

上記の方法でLaravelインストーラーをダウンロードした後、以下の方法でLaravelの新規プロジェクトを作成できます。

Laravelの新規プロジェクトを配置するディレクトリまでcdコマンドで移動し、以下のコマンドを実行します。

laravel new プロジェクト名

上記コマンドにより、プロジェクト名のフォルダが作成され、Laravelの新規プロジェクトがインストールされます。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。