MacのPHPをHomebrewでインストールしたバージョンに変更する方法

Macには、デフォルトでPHPはインストールされていますが、今回は、そのインストールされているPHPとは異なるバージョンを、MacのHomebrewを利用してインストールして利用する方法となります。

Homebrew(ホームブリュー)は、macOSのパッケージ(ソフトウェアやライブラリ)をコマンドラインで一元管理できるツールとなります。Homebrewのインストール方法などは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

PHPのバージョン・パスを確認する方法

現在のPHPのバージョン・パスは、以下のそれぞれのコマンドで確認できます。

PHPのバージョンを確認する方法

php -v

PHPのパスを確認する方法

which php

HomebrewでPHPをインストールする方法

インストールできるパッケージを検索

まず、HomebrewでインストールできるPHPバージョンのパッケージ名を検索します。

例えば、php7系のパッケージ名を検索するには、以下のコマンドとなります。

brew search php7

パッケージをインストール

次に、以下のようにbrew install コマンドの引数にパッケージ名を指定し、パッケージをインストールします。

今回の例では、PHP7.3をインストールしています。

brew install php@7.3

また、以下のコマンドで、Homebrewでインストールしたすべてのパッケージを確認できます。

brew list

シェルの設定ファイルに環境変数PATHを追加

次に、インストールしたバージョンをPHPコマンドで利用するため、ユーザーのホームディレクトリにあるシェルの設定ファイルに環境変数PATHを追加します。

シェルの設定ファイルについて

利用しているシェルによって設定ファイルは異なります。詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

以下の例ではzshの.zprofileに環境変数PATHを追加しています。

環境変数PATHを追加・反映

以下、環境変数PATHを追加するコマンドとなります。また、インストールしたPHPのバージョンによって、コマンド内のバージョンの箇所を変更します。今回の例ではバージョン7.3となります。

echo 'export PATH=/usr/local/opt/php@7.3/bin:$PATH' >> ~/.zprofile

そして、以下のコマンドで追加した環境変数PATHを、現在、利用しているシェルに反映させます。

source ~/.zprofile

上記手順により、HomebrewでインストールしたバージョンのPHPを利用できます。

前述のコマンドでPHPのバージョン・パスを確認すると、MacにデフォルトでインストールされているPHPから変更されていると思います。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。