【Mac】GitをHomebrewでインストールして利用する方法

Git(ギット)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システム。

Macには、デフォルトでGitはインストールされていますが、今回は、そのインストールされているGitではなく、MacのHomebrewでGitをインストールして利用する方法となります。

Homebrew(ホームブリュー)は、macOSのパッケージ(ソフトウェアやライブラリ)をコマンドラインで一元管理できるツールとなります。Homebrewのインストール方法などは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

Gitのバージョン・パスを確認する方法

現在のGitのバージョン・パスは、以下のそれぞれのコマンドで確認できます。

Gitのバージョンを確認する方法

git --version

Gitのパスを確認する方法

which git

HomebrewでGitをインストールする方法

HomebrewでインストールできるGitの情報を確認

Gitのバージョンなど、HomebrewでインストールできるGitの情報は、以下のコマンドで確認できます。

brew info git

パッケージをインストール

以下のHomebrewのコマンドで、Gitをインストールします。

brew install git

また、以下のコマンドで、Homebrewでインストールしたすべてのパッケージを確認できます。

brew list

シェルの設定ファイルに環境変数PATHを追加

次に、インストールしたGitをコマンドで利用するため、ユーザーのホームディレクトリにあるシェルの設定ファイルに環境変数PATHを追加します。

シェルの設定ファイルについて

利用しているシェルによって設定ファイルは異なります。詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

以下の例ではzshの.zprofileに環境変数PATHを追加しています。

環境変数PATHを追加・反映

以下、環境変数PATHを追加するコマンドとなります。また、インストールしたGitバージョンによって、コマンド内のバージョンの箇所を変更します。今回の例ではバージョン2.29.2となります。

echo 'export PATH=/usr/local/Cellar/git/2.29.2/bin:$PATH' >> ~/.zprofile

そして、以下のコマンドで追加した環境変数PATHを、現在、利用しているシェルに反映させます。

source ~/.zprofile

上記手順により、HomebrewでインストールしたGitを利用できます。

前述のコマンドでGitのバージョン・パスを確認すると、MacにデフォルトでインストールされているGitから変更されていると思います。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。