【Mac】複数の画像サイズを一括で自動変更する方法|Automatorで右クリックメニューを追加する例

MacのAutomator(オートメーター)は、スクリプトなどを組み合わせて自動処理プログラムを作成できるアプリ。

今回は、そのAutomatorを利用して、選択した画像のサイズを一括で自動変更する例となります。

【Automator】複数の画像サイズを一括で自動変更する例

例では、選択した画像ファイルを、横幅400pxに変換してデスクトップに新規作成をします。ファイル名は「image-●●」とします。(●●の箇所は01から始まる連番)

【Automator】自動処理を作成する例

以下、Automatorで自動処理を作成する例となります。

  1. Automatorを開きます。
  2. メニューが表示されるので、「クイックアクション」を選択します。
    Automatorのメニュー画像
    「クイックアクション」で、右クリックで表示されるメニュー内の「サービス」に新規項目を追加できます
  3. クイックアクションを作成する画面となるので、上部にある「ワークフローが受け取る現在の項目」を「イメージファイル」にします。
    クイックアクションを作成する画面の画像
    クイックアクションを作成する画面。画像ファイルに対するクイックアクションを作成するので「イメージファイル」を選択
  4. 左カラムにあるアクションの中から、「ファイル・フォルダ」>「Finder項目をコピー」を選択し、メインカラムに対してドラッグ・アンド・ドロップを行います。
    クイックアクションを作成する画面の画像
  5. ワークフローに「Finder項目をコピー」のアクションが追加されるので、「保存先」を「デスクトップ」とします。
    「Finder項目をコピー」のアクションの画像
    「Finder項目をコピー」のアクションでは、選択したファイルをコピーする保存先を設定
  6. 左カラムにあるアクションの中から、「ファイル・フォルダ」>「Finder項目の名称を変更」を選択し、メインカラムに対してドラッグ・アンド・ドロップを行います。
    クイックアクションを作成する画面の画像
  7. ワークフローに「Finder項目の名称を変更」のアクションが追加されるので、上部のプルダウンメニューで「連番付きの名前にする」を選択し、次のように設定します。
    「Finder項目の名称を変更」のアクションの画像
    「Finder項目の名称を変更」のアクションでは、選択したファイル名の変更パターンを設定。今回の例では、「image-●●」となるファイル名に指定(●●の箇所は01から始まる連番)
  8. 左カラムにあるアクションの中から、「写真」>「イメージをサイズ調整」を選択し、メインカラムに対してドラッグ・アンド・ドロップを行います。
    クイックアクションを作成する画面の画像
  9. 「イメージをサイズ調整」のアクションに関するダイアログが表示されるので、「追加しない」を選択します。
    「イメージをサイズ調整」のアクションに関するダイアログの画像
  10. ワークフローに「イメージをサイズ調整」のアクションが追加されるので、「サイズ(ピクセル)指定」を「400」とします。
    「イメージをサイズ調整」のアクションの画像
    「イメージをサイズ調整」のアクションでは、選択した画像ファイルの横幅を設定
  11. メニューバーの「ファイル」>「保存」を選択します。(または、command + S のショートカットで保存)

    Automatorのメニューバーの画像

  12. ダイアログが表示されるので、クイックアクションの名前を入力し、「保存」ボタンを選択します。
    クイックアクションの名前を入力するダイアログの画像
    クイックアクションの名前を入力するダイアログ。入力する名前が、メニューに表示される項目名となります

以上が、選択した画像のサイズを一括で自動変更するAutomatorの例となります。

画像サイズを変換する方法

上記で作成したAutomatorのクイックアクションによって、次の手順で画像サイズを変換できます。

  1. サイズを変更したい画像ファイルを選択します。
    Finderで画像ファイルを選択した状態
  2. 右クリックでメニューを表示し、「サービス」>「横幅を400pxに変換」を選択します。
    右クリックで表示したメニュー画像
    サービスのメニュー数によっては「サービス」の項目がなく、その箇所にクイックアクションで作成したメニュー項目が追加されます

上記手順により、デスクトップにサイズ変換をした画像ファイルが作成されます。

Automatorで作成したファイルの保存場所・開き方について

Automatorで作成した自動処理ファイルの保存場所や、ファイルの開き方は、以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。