【Amazon PA-API】Operationに指定できる値と、取得できるデータについて

AmazonのPA-API(Product Advertising API)では、リクエストパラメータのOperation(オペレーション)に指定する値によって、取得できるデータが異なります。

今回は、そのOperationで指定できる値と、取得できるデータについてのまとめとなります。

商品に関する情報をパラメータに指定しデータを取得

以下、商品に関連するパラメータを指定し、商品データなどを取得するオペレーションとなります。

ItemSearch|検索条件から商品データを取得

ItemSearch オペレーションでは、パラメータに商品の検索条件などを指定して、商品データのリストを取得します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

ItemSearch|Product Advertising API

ItemLookup|商品IDから商品データを取得

 ItemLookup オペレーションでは、パラメータに商品IDなどを指定して、商品データを取得します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

ItemLookup|Product Advertising API

BrowseNodeLookup|商品カテゴリーのデータを取得

BrowseNodeLookupオペレーションでは、パラメータにブラウズノード ID(商品カテゴリーを識別するID)を指定して、ブラウズノード IDのカテゴリー名と、その子・親カテゴリーのデータを取得します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

BrowseNodeLookup|Product Advertising API

カテゴリー最上位のブラウズノードID

また、カテゴリー最上位のブラウズノードIDは、以下のリンク先から確認できます。

ブラウズノードID|Product Advertising API

SimilarityLookup|商品IDから類似商品のデータを取得

SimilarityLookupオペレーションでは、パラメータに商品IDなどを指定して、類似商品のデータのリストを取得します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

SimilarityLookup|Product Advertising API

出品者IDをパラメータに指定しデータを取得

以下、出品者IDをパラメータに指定し、商品データなどを取得するオペレーションとなります。

SellerListingLookup|出品者ID・商品IDから商品データを取得

SellerListingLookup オペレーションでは、パラメータに出品者ID・商品IDなどを指定して、商品データを取得します。また、SellerListingLookupは、ItemLookupよりも多くの商品データを取得できます。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

SellerListingLookup |Product Advertising API

SellerListingSearch|出品者IDから商品データを取得

SellerListingSearch オペレーションでは、パラメータに出品者IDを指定して、出品している商品データのリストを取得します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

SellerListingSearch|Product Advertising API

SellerLookup|出品者IDから出品者データを取得

SellerLookup オペレーションでは、パラメータに出品者IDを指定して、出品者 に関する詳細な情報を取得します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

SellerLookup|Product Advertising API

リモートショッピングカートを管理

AmazonのPA-APIでは、APIを利用したサイトで有効な「リモートショッピングカート」を作成することができます。(Amazon内のショッピングカートとは別のカートとなります)

以下は、そのリモートカートを管理するオペレーションとなります。

CartCreate|カートを作成

CartCreate オペレーションでは、リモートショッピングカートを作成できます。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

CartCreate|Product Advertising API

CartAdd|カートに新規商品を追加

CartAdd オペレーションでは、新しい商品をリモートショッピングカートに追加できます。

また、カートに既に入っている商品の数を増やすことはできません。カートに既に入っている商品の数を増やすには、 以下のCartModify オペレーションを使用します。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

CartAdd |Product Advertising API

CartModify|カート内の個数を変更

CartModify オペレーションでは、リモートショッピングカート内の商品の個数を変更したり、カートの商品を「今は買わない」に移動したり、カートに戻したりすることができます。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

CartModify|Product Advertising API

CartClear|カート内の商品をすべて削除

CartClear オペレーションでは、「今は買わない」にある商品を含め、リモートショッピングカート内の商品をすべて削除できます。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

CartClear|Product Advertising API

CartGet|カート内の情報を取得

CartGet オペレーションでは、「今は買わない」にある商品を含む、リモートショッピングカート内の全ての商品のID、数量、価格を取得できます。

詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

CartGet|Product Advertising API

廃止されたオペレーション

以下は、利用率低下により廃止されたオペレーションとなります。

  • CustomerContentLookup
  • CustomerContentSearch
  • Help
  • ListLookup
  • ListSearch
  • TagLookup
  • TransactionLookup
  • VehiclePartLookup
  • VehiclePartSearch
  • VehicleSearch

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。