【Nature Remo】Cloud APIで利用するアクセストークンを発行する方法

Nature RemoはWiFi機能の付いた赤外線リモコンデバイスとなり、赤外線リモコンで操作できる家電を、スマホのアプリやスマートスピーカーなどから操作できます。

今回は、そのNature RemoのCloud APIを利用する際に必要となるアクセストークンを発行する方法の紹介となります。

Nature Remoのアクセストークンを発行する方法

まずは以下のリンク先から、Nature Remoのアプリで登録したアカウントを使いログインをして、「home.nature.global」からのアクセスを許可します。

home.nature.global

アクセスを許可すると以下の画面へ移行するので「OK」をクリックします。

すると、以下のようなNature Remoのアクセストークンを管理できるページへ移動するので、ページ内の左下あたりにある「Generate access token」をクリックします。

アクセストークンを管理できるページ
アクセストークンを管理できるページ。

「Generate access token」をクリックすると、以下の画面のように新しいアクセストークンが表示され、有効なアクセストークンのリストに追加されます。

また、表示されているアクセストークンの下にある「Copy」をクリックするとアクセストークンがクリップボードにコピーされます。

新しいアクセストークンが表示された状態
新しいアクセストークンが表示された状態。画面上ではアクセストークンはモザイク処理をしていますが実際には英数字の羅列となります。

上記のアクセストークンが表示されているページは、更新するとアクセストーク表示が消えてしまい、再表示することはできません。

そのため、アクセストークンがわからなくなった場合には、もう一度「Generate access token」をクリックして新しいアクセストークンを発行する必要があります。

アクセストークンを削除して取り消し

ま発行したアクセストークンを削除して取り消すには、有効なアクセストークンのリストの右端にある「Revoke」ボタンをクリックすることで取り消すことができます。

有効なアクセストークンのリスト
新しくアクセストークンを発行するとリストに追加されます。アクセストークンを削除して取り消す場合には、右端の「Revoke」ボタンをクリックします。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。