【PHP・Twitter】APIで指定したアカウントのツイートを取得する例|TwitterOAuth

今回は、PHPのTwitterOAuthライブラリでTwitter APIを利用し、指定したアカウントの最新ツイートを配列で取得する例となります。

TwitterOAuthを利用し、指定したアカウントのツイートを取得する例

以下、PHPスクリプトで指定したアカウントの最新ツイートを配列で取得する手順となります。

TwitterOAuthをダウンロード

Twitter API を操作できるPHPのTwitterOAuthライブラリをダウンロードします。

TwitterOAuthライブラリの利用、ダウンロード方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

指定したアカウントのツイートを取得するPHPスクリプト

以下、例のPHPスクリプトとなります。

例では、スクリプトを実行すると、指定したアカウントの最新のツイート5件を取得します。そして、取得したツイート情報のオブジェクトの中から、ツイート本文を配列に格納します。

また、スクリプト内のrequire文で読み込んでいる autoload.phpのパスは、ダウンロードしたTwitterOAuthライブラリの配置によって異なるので、自身のTwitterOAuthライブラリのautoload.phpのパスを確認して指定します。

// TwitterOAuthライブラリを読み込み
require 'vendor/autoload.php';
// TwitterOAuthクラスをインポート
use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

// Twitter APIを利用する認証情報。xxxxxxxxの箇所にそれぞれの情報を指定
$CK = 'xxxxxxxx'; // Consumer Keyをセット
$CS = 'xxxxxxxx'; // Consumer Secretをセット
$AT = 'xxxxxxxx'; // Access Tokenをセット
$AS = 'xxxxxxxx'; // Access Token Secretをセット

// TwitterOAuthクラスのインスタンスを作成
$connect = new TwitterOAuth( $CK, $CS, $AT, $AS );

$statuses = $connect->get(
	'statuses/user_timeline',
    // 取得するツイートの条件を配列で指定
    array(
    	// ユーザー名(@は不要)
        'screen_name'       => 'XXXXXXXX',
        // ツイート件数
        'count'             => '5',
        // リプライを除外するかを、true(除外する)、false(除外しない)で指定
        'exclude_replies'   => 'true',
        // リツイートを含めるかを、true(含める)、false(含めない)で指定
        'include_rts'       => 'false'
    )
);

// ツイート本文を格納する変数
$text_list = [];
/ 取得したツイート情報のオブジェクトから、ツイート本文を取得し配列$id_listに格納
foreach( $statuses as $tweet ){
    $text = $tweet->text;
    array_push( $text_list, $text );
}

例で利用した以外のリクエストパラメータ・レスポンスデータなど、APIの詳細については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

GET statuses/user_timeline — Twitter Developers

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。