【Nature Remo】APIでアプリから登録したリモコン情報を取得する方法

Nature RemoはWiFi機能の付いた赤外線リモコンデバイスとなり、Nature Remoのスマホアプリを使いエアコンのリモコンや、その他の赤外線リモコンを登録して使用します。

今回は、そのNature Remoのアプリで登録したリモコン情報を、CUI(Macのターミナル・Windows のコマンドプロンプトなど)から、Nature RemoのCloud APIを使用して取得します。

【Nature Remo】APIでアプリから登録したリモコン情報を取得する方法

アクセストークンを発行

Nature Remoでは、Cloud APIで登録したリモコン情報などを取得することができますが、そのCloud APIを利用するには、Nature Remoのアクセストークンを発行する必要があります。

アクセストークンの発行方法は、以下のリンク先を参考にしてみてください。

Cloud APIを使いリモコン情報などを取得

Nature Remoのアプリで登録したリモコン情報を取得できるCloud APIのエンドポイント(APIにアクセスするためのURI)は、"https://api.nature.global/1/appliances"となります。

リモコン情報などを取得する際には、上記エンドポイントを使用した以下のcurlコマンドを入力し実行します。XXXXXXXXの箇所には自身で発行したアクセストークンの値を指定します。

curl -X GET "https://api.nature.global/1/appliances" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer XXXXXXXX"

すると、アプリで登録したリモコンの情報などがJSONデータで取得できます。

JSONデータの整形について

上記方法で取得したJSON形式の情報は整形されていなかもしれません。

そのような場合には、CLIで扱うJSONデータを整形できる『jq』を利用する方法があります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

その他、JSONデータを整形する方法として、以下のリンク先のようなウェブツールを利用する方法もあります。

JSONきれい ~JSON整形ツール~ - instant tools

取得したJSONデータについて

取得したJSONデータの中身については以下のリンク先を参考にしてみてください。

エアコンのリモコンを一括登録した場合のJSONデータについて

リモコンを個別に登録した場合のJSONデータについて

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。