【Nature Remo × Tasker】リモコン操作をするタスクを作成|ウィジェット利用も可能

AndroidアプリのTaskerは、設定した条件によって、スマートフォンにさまざまな命令をすることが出来るアプリ。そして、Nature RemoはWiFi機能の付いた赤外線リモコンデバイス。

今回は、TaskerとNature Remoを連携させる例となり、TaskerでNature RemoのAPIを利用し、赤外線信号を送信するタスクを作成します。

また、Nature RemoのAPIには、インターネットを通じて使用するCloud APIと、ローカルネットワーク内でのみ使用できるLocal APIがありますが、今回の例ではCloud APIを使用して赤外線信号を送信します。

TaskerのタスクからNature Remoを操作する例

TaskerからNature Remoを操作するために、Nature RemoのCloud APIを使用します。それには、以下の「アクセストークン」と「Signal ID」が必要となります。

アクセストークンの発行

Nature RemoのCloud APIを使用するには、APIのアクセストークンが必要となります。

アクセストークンの発行方法は、以下のリンク先を参考にしてみてください。

Signal IDの取得

Cloud APIを使用しNature Remoから赤外線送信を行うには、アプリで赤外線ボタンを登録した際に、ボタン毎に割り振られるSignal IDが必要となります。

Signal IDの取得方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

Nature RemoのCloud APIを利用し赤外線信号を送信するタスクを作成

以下、TaskerでCloud APIを使用し、Nature Remoから赤外線信号を送信するタスクの作成手順となります。

  1. TASKSタブを選択します。
    TaskerアプリでTASKSタブを選択した状態の画像
  2. TASKSタブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
    Taskerアプリ下部の画像
  3. タスク名を入力するダイアログが表示されるので、タスク名を「リモコン」として新規タスクを作成します。
    タスク名を入力するダイアログの画像
    タスク名を入力するダイアログ。タスク名を入力後、右端の「チェック」アイコンをタップ
  4. 新規タスクを作成すると「Task Edit」画面に移行するので、画面の右下にある「+」ボタンをタップします。
    「Task Edit」画面下部の画像
  5. カテゴリーが表示されるので「Net」>「HTTP Post」を選択します。
  6. 「HTTP Post」の設定画面の「Server:Port」に、「https://api.nature.global/1/signals/XXXXXXXX/send」と入力。XXXXXXXXの箇所は、操作したい赤外線送信ボタンのSignal IDを指定します。
  7. 「HTTP Post」の設定画面の「Data/File」に、「access_token=XXXXXXXX」を入力。XXXXXXXXの箇所は発行した自身のアクセストークンを指定します。
    「Server:Port」と「Data/File」を設定した状態の「HTTP Post」の設定画面。
    「HTTP Post」の設定画面。「Server:Port」と「Data/File」を設定した状態

以上が、TaskerでNature Remoを操作するタスクの作成手順となります。

タスクの動作確認

作成したタスクが正常に動作するかを確認するには、タスク内の画面下部の左端にある「再生ボタン」をタップすることで確認できます。

タスク内(Task Edit)画面の下部
タスク内(Task Edit)画面の下部。タスクの動作確認は、左端の「再生ボタン」をタップ。

ウィジェットからリモコン操作をする方法

また、上記タスクをTaskerのウィジェットに設定することにより、Androidデバイスのホーム画面からリモコン操作を行えます。

Taskerのウィジェットの設定方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。